1995年ウクライナのキエフに本拠を置く国立フィルハーモニー協会の専属オーケストラとして創設される。

 

同国の巨匠ロマン・コフマンの指導下、1996年には若手の第一人者ニコライ・ジャジューラが音楽監督に就任。フィルハーモニーのライセンコ・ホールで年間50回以上の定期公演を行う他、旧ソ連を含むヨーロッパ全土から客演に招かれている。

特にドイツとフランスでは近年人気が高く、ベルリン、ミュンヘン、ケルンの各フィルハーモニー、バイロイトの大劇場等でチャイコフスキー、ラフマニノフ等を演奏する。また、数日間に渡ったロワールの音楽祭コンサートは、ハイビジョンでフランス全土に放映され大きな反響を呼んだ。

ペンデレツキ、テオドラキウス等の作曲家、クレーメル、バシュメット、クライネフ、ウィルサラーゼ、バドゥラ・スコダ、アッカルド等著名演奏家との共演も数多く、東欧における最も優れたオーケストラとして評価を確立している。

* 是非「いいね!」や「ツイート」をお願い致します
* facebookページ「LOVE performing arts」への参加も宜しくお願い致します